武秀連とは

平成11年 結成。
 
徳島出身の兄弟が大阪で商いに成功し、故郷徳島に何か恩返しがしたいとの思いから阿波踊り連を結成。

兄弟の名前の頭文字をとって、武秀と名付けられた。

踊りは、男踊り・編笠踊り・女法被踊り・ちびっ子踊り(かるがも武秀)と幅広い構成となっている。

鳴り物は、2拍子の正調に加え、アップテンポな1拍子も取り入れた個性的なものとなっている。


     各パートの詳細は、左右のメニューからどうぞ。